日野稲門会第39回総会・懇親会報告

投稿日 2018年6月14日
日野稲門会第39回総会・懇親会

 日野稲門会第39回総会が6月10日に立川グランドホテルで46人が参加し開催されました。
 第1部総会では、小笠原会長よりこの1年を振り返り、会員の皆さまのご協力のもとに初めて実施したアンケート調査で沢山の貴重なご意見をいただいたことが述べられました。今後の活動に有効利用されることになります。  
 また、早稲田大学の村上裕二地域担当副部長から母校の近況報告がありました。また他大学の動きについても報告がなされ、みんな興味深く聞きました。
 引続き行われた議案審議では、すべての案件が満場一致で承認されました。
 
 第2部は「フルートカルテットPAX(パックス)と宮本誠二氏」の演奏がありました。PAXとは、ラテン語で「平和」を意味するそうですが、宮本氏が当会会員であることからとても身近な存在に思えました。そして、クラシックから映画音楽、ポップス、唱歌と幅広いレパートリーを持っていますが、この日も皆が知っている歌ばかり8曲も演奏してもらいました。大変に盛り上がりました。また聞きたいとの声がありました。
 第3部では恒例の懇親会でした。近隣稲門会からの挨拶、乾杯のあと懇談に移りました。そして、新入生歓迎会、早稲田祭の募金の呼びかけや、今年度新たに発足する「史跡めぐりの会」の説明などがあり、最後は、全員で校歌を斉唱してお開きとなりました。

                                        高橋敏夫 記

【出席者】
《来賓》村上裕二(早稲田大学地域担当副部長)、津村航平(狛江稲門会)、小林和雄、平野克典 (立川稲門会)、尾ノ井光昭(多摩稲門会)、坊野美代子(調布稲門会)、原英男(八王子早稲田会)、大野正道(府中校友会)、志村宏(町田稲門会)
《会員》五十嵐耕一、稲葉和實、井上敬三、上田實、大田吉彦、大秀樹、小笠原豊、金子順治、京極英二、阪本昭夫、清水富夫、杉本武彦、相馬安行、鷹尾清文、田俊雄、高橋敏夫、玉木雅治、永山肇、生川博、西海英雄、野尻明美、野尻啓子、早川圭典、町谷昌良、松島修 、松島正明、南正隆、宮本誠二、村山友宏、山内治男、山ア公敬、吉原正
《学生》足立晴菜、川瀬理子、関雄太、井関泰平、大森裕巳



 
 
 
挨拶をする小笠原新会長   フルートカルテットPAXと宮本誠二氏の演奏
     
     
全員で校歌を斉唱     

過去の総会・懇親会