第28回早慶戦を応援する会

投稿日 2018年10月28日
           第29回早慶戦を応援する会(報告)

実施日:平成30年10月28日(日)  13:00  試合時間 3時間10分

参加者:生川 博 (学生応援席)高橋敏夫氏

概要: 強くありたいと願うは選手諸君の気持ちでしょうが、応援席も同様に強くあって欲しいんです。強くなければ、ファンも次第に腰が重くなります。
 春秋とも、各チームはどんぐりの背比べで、早稲田はチーム全体の打率も、防御率も決して悪くない。上手く勝ち点を挙げられるかどうかだけである。
 最終週に持ち越された優勝争いは、慶応、法政、早稲田に絞られたが、早慶1回戦に敗れて早稲田は脱落した。
 今季は、天候不順により順延され、早慶2回戦を応援することとなった。序盤慶応にリードされ、このまま流れは変わらない雰囲気であったが、早稲田は6回、走者一掃の長打など猛攻により5点を奪取、様相は一変した。しかし、終盤1点づつ詰められ、9回1点差となった。久しぶりに歓喜に沸いた中盤も、終盤は固唾を飲んでの応援となった。結果は、6x対5で勝利し、1勝1敗。矢張り早慶戦、簡単に勝利は近付いてこない。
 明日、2勝1敗に持ち込めば、今季2位で終えることとなる。是非、そうありたいと願いつつ球場を後にした。(29日、この原稿を書いている最中に、ワセダが早慶3回戦を制し、勝ち点4で、2位を確保した。)
 今年は、春秋とも小人数で応援してきました。来季は、応援団と言える人数で応援したいと切望しております。早慶戦の臨場感を満喫するなら、球場に足を運ぶことと思っています。
 どうぞご参加ください。お待ちしています。
                        (記:生川/写真提供:高橋敏夫氏)


 

過去の早慶戦を応援する会